OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストラフ環境方針

人間を、環境を大事にしようと思った瞬間から 新たな生き方は持続可能性。 必要なのは変える勇気を持つことです!

これは当ホテルのサービス向上戦略の一環であり、当ホテルではさまざまな取り組みにより、環境に配慮したホスピタリティの向上、維持を目指しています。 また、経営者、スタッフが積極的に取り組むと同時に、お客様にも (特にタオル、シーツ、石鹸、スリッパなどの交換について) ムダを減らすためのご協力をお願いしています。

以下にストラフが現在実施している

「環境に配慮した」取り組みを紹介します。

エコカー (低公害車) メーカー「エコライダー」およびドライバーとの協力事業「ライフゲート」により交通の「環境負荷ゼロ」を保証

環境負荷が低い洗剤、環境に配慮した製品という保証がある洗剤などを使用

化粧石鹸は使わず (1、2 回使用しただけで廃棄される化粧石鹸は年間約 40,000 個)、大型容器に入った液体石鹸 (詰め替え用、1 リットル容器、環境に配慮した製品) を使用

シーツ類の交換は要求があった場合のみ

バイオ食品の使用

ホテルの事務所、その他の作業場所でごみの分別収集

環境に配慮した専用エコ製品を開発 (オーガニック コットン、水彩絵具、その他のリサイクル材、環境に配慮した可燃性の材料を使ったエコ ビューティ バッグ、エコ バッグなど)

印刷機の使用頻度を減らすため印刷された紙などを再利用、スタッフを啓発

スリッパの再利用

市内の配達には「エコ自転車配達」を利用

客室 1 室で LED 照明を使用 (試験中)

第三者機関が提供する環境に配慮したサービスを支援(「家具見本市」で自転車を使用、ミラノ市議会による「バイク ミー (Bike Mi)」サービスを利用)

特に冷暖房の電気代節約のため客室やフロアを「効率的に」配置

マリで井戸の掘削と修復を行う非営利団体「イン ヴィータ (IN-VITA)」と提携 (WWW.IN-VITA.ORG)

今後の取り組み

ホテル全体で再生紙の利用

宿泊料金の勘定書、請求明細書などは電子メールで送付 (オンラインで発行)

仕入は連帯購買グループ (Gruppo di Acquisto

Solidale) または地産地消 (キロメートル ゼロ) を目指す業者から

どんなにささやかな努力も、きっと大きな成果につながると信じております。ご意見、ご提案など、随時受け付けております。